さくら事務所ホームインスペクション北海道(住宅診断・住宅検査)

FREE:0120-804-806 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能

0120-804-806 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能

安心住まいのためのお役立ちガイド

[住宅購入時のチェックポイント]
初期費用だけじゃない?!意外とかかる住宅購入のお金

2015-08-13

8e6aafafe69b4723f85c35a76a8062c4_s

住宅を購入するとなったとき真っ先に思いつくのは初期費用だと思いますが、家にかかるお金には2種類あります。

・イニシャルコスト

物件購入の際、初めにかかるお金

・ランニングコスト

月々かかるお金

ローン返済以外にも住み続けるためにかかる費用。この2種類の家にかかる費用を把握してしっかりとしたマネープランを考えましょう!

初期費用の目安は物件の5~8%くらい!


イニシャルコストとは、つまり初期費用です。(物件価格の5~8%程度が目安)

例:3000万円の中古マンションを頭金600万円 2400万円ローン借入で購入した場合

= 約200万円

では、中古マンション購入を例に挙げて費用がどれくらいかかるのか実際に見てみましょう!

<ローン関連のお金>

・ローン保証料 50万円

・ローン手数料 3万円

・印紙代 1万円

・登録免許税 2.4万円

・司法書士報酬 8万円

・団体信用生命保険 8.6万円

・火災保険/地震保険 20万円程度

<土地・建物・契約関連>

・印紙代 2万円

・不動産取得税 3万円

・固定資産税 12万円 ※1年分

・登記手数料 10万円

・仲介手数料 96万円

そ の他には、リフォームする必要があればリフォーム費(壁紙張替、システムキッチンの交換)で150万円ほどかかりますし、新居の家具を新調するのであれば それも加わります。当たり前のことですが、引っ越しを業者に委託する場合も費用はかさみます。きちんとそこまで考えておきましょう。

住宅ローン以外にも月々結構かかる・・・


マンション

家を購入すると、月々のローンの支払いのほかにもさまざまな費用を支払う必要があります。これまでの賃貸家賃並みのローン返済額にするのは危険です。毎月の支払額がどのくらいになるのかをあらかじめ把握して、無理なく支払っていけるかどうかを確認する必要があります。

ここでは、中古マンションを購入した際のランニングコストを例に挙げます。

・住宅ローン返済 8.2万円

・管理費 1万円

・修繕積立金 1万円

・駐車場・庭の使用料など 1.5万円

・光熱費 1.5万円

・固定資産税 1万円

一戸建ての場合は屋根や外壁の補修、シロアリ対策などの維持管理は自分で行っていくので10年ごとに100~150万円程度かかります。

マンションの修繕積立金は当初5000円でも10年後には1万円20年後には2万円とどんどん上がっていくケースも少なくはありません。むしろ修繕積立金は増額されることが一般的と考えてよいでしょう。

なかには、10年20年目にまとめて修繕一時金を徴収するマンションもあります。

50416bc72f01ef3c8697eae64c67635c_s

子供が増えたり、大きくなって家計への負担はこれから増える一方だと思います。現在だけではなく、未来のことも考えて将来のマネープランをよく検討し、「返せる額」を計算して物件を選ぶようにしましょう!

住宅ローン(新規・借り換え)相談
LINEで送る
Pocket

戻る