さくら事務所ホームインスペクション北海道(住宅診断・住宅検査)

FREE:0120-804-806 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能

0120-804-806 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能

ホームインスペクション現場実例集・現場同行記

中古マンションインスペクション現場事例 ~床下の水漏れ・不具合

2014-02-28

中古マンションインスペクションの現場でホームインスペクターが指摘・アドバイスをした床下の水漏れ・不具合事例をご紹介いたします。

床下の水漏れや不具合を放置すると、湿気で室内のカビが増えたり、下の階への漏水を引き起こす懸念があります。

また、リフォーム・リノベーション完成後に漏水が発覚すると、貼り直した新品のクロスやフローリングをはがし補修を行った上でもう一度やり直しをしなければいけないというケースもあるので、事前にしっかりとチェックしておきたいポイントの一つ。




洗面室 床下

0826

カメラを差し込んで内部を確認しました。床下の給水管は管廻りの錆び・腐食も激しく配管の交換が必要と思われます。配管交換時には床を一部解体することになるでしょう。

浴室などの水場周りリフォームと合せて配管類を耐久性に優れ、メンテナンスの少ない樹脂管に新規交換されるとことをお勧めします。




キッチン 床下

0826_2

カメラを差し込んで内部を確認しました。見える範囲では漏水の形跡はみられませんでしたが、2重床にも拘らず、排水横引き管がコンクリートの中に埋設されていました。このような場合、排水管の交換やメンテナンス時に支障を来たすことがあります。




洗面室床下

0826_3

化粧台底板内部を確認しました。床下コンクリート面及び化粧台底板ともに水浸みの跡がみられました。排水管口径も30㎜程度と細く、化粧台排水ホースをその排水管に差込みビニルテープ巻きにて固定している状態のため、ホースが外れて水浸しになったものです。




ココもチェック!キッチン 排水トラップ

0826_4

シンク裏と排水トラップとの接続部から漏水がありました。少量の水でも染み出ていますので、専門業者に修理をご依頼ください。。




まとめ ~ホームインスペクターのひとことアドバイス~

中古マンションの住戸内に関しては、初期施工時の不具合の可能性や経年劣化を踏まえ、漏水の可能性のある給排水系統など住宅設備の総点検が大切です。


購入後にリフォーム・リノベーション工事を検討されている場合は、コンクリートスラブの形状や、給排水管のルート等の詳細を、竣工図で確認することをお勧め致します。

LINEで送る
Pocket

戻る