さくら事務所ホームインスペクション北海道(住宅診断・住宅検査)

FREE:0120-804-806 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能

0120-804-806 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能

ホームインスペクション現場実例集・現場同行記

収益物件インスペクション:大久保 新編

2014-01-24

みなさんこんにちは、九澤です。

face02

今日は大久保 新さんの収益物件インスペクションに同行してきました。

いや~、いつもは丸腰では決して直射日光の下に出ないのに日焼け止めと首巻タオルだけでこんな夏の日差しの中をうろうろしてしまい日焼けがかなり心配です。。。って感想それかい!(゜□゜)ノ

業務の内容はもちろんですが、普段インスペクターの皆さんがどんだけしんどい仕事をしているか知る機会にもなりました。
まさに「事件は会議室で起こってるんじゃない!」です。




調査では共用部分を中心に、目視点検を行っていきます

img20090731-1
いまやすっかりおなじみになったタイル打診検査

歩行者の多い道に面した部分は今後足場をかけての総点検が必要になりそう

img20090731-2
上を見る(なぜか手にお茶)

img20090731-3
さらに上を見る

img20090731-4
なぞの冷蔵庫が置いてあって受水槽室がせまい・・・っ

このあと、空き部屋を2室ピックアップして専有部の状態も調査しました。

収益物件のオーナーになるということは建物の維持・管理責任を負うということ。
また、入居者の方が安心して暮らせる環境を守る責任を負うということ。

ですから、特に建物が原因で起こりうる事故の可能性や、防犯性、設備機器の不具合などは通常以上にしっかり見る必要があります。

そして調査の結果を

  • 売買の判断に関わること

  • 修繕できるけど急がなきゃいけないもの

  • 今すぐではないけど、状態を観察していかなきゃいけないもの


などに整理してお伝えしていきます。

今回の物件については、築年数相応の劣化が見られましたが、もともとのつくりはそれほど悪くないので点検とメンテナンスを行えばよくなるでしょうとのこと。

現時点では、掃除もあんまり行き届いていなくてちょっと見捨てられた感のある建物でしたが、今回の依頼者の方が手に入れられた後はきっと心身ともに健康な建物に生まれ変わるだろう!と確信しました。
(中で食品が熟成されてた(^^;冷蔵庫も撤去します!)

そういう意味では、建物にとっていい買主さんに出会えてほんとも良かったネ~という気持ちになりました(^^)




~おまけ~

img20090730

スカっと晴れた夏空!気持ちいい~
LINEで送る
Pocket

戻る