さくら事務所ホームインスペクション北海道(住宅診断・住宅検査)

FREE:0120-804-806 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能

0120-804-806 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能

ホームインスペクション現場実例集・現場同行記

現場実例 築16年収益物件

2014-01-24

最近、アパートなど収益物件の調査依頼が格段に増えてきました。

まずはこちらの画像↓↓↓

t02200165_0800060010618334495

木 造モルタルアパートの外壁部分です。大きなクラック(ひび割れ)があり、幅を測ってみると0.6ミリ以上も。一般的に0.3ミリ以下のクラックは問題あり ませんが、これだけ幅の大きいもの、かつ一定の深さがあるものは要注意です。建物の構造や地盤などに、何か根本的な問題がある可能性が。クラックは「幅 0.3ミリ以上」「深さがある」に注意です。




次はこちらの画像をどうぞ↓↓↓

t02200165_0800060010618334707

木造アパートの床下部分。どこがおかしいかわかる方はプロ級ですが、いかがでしょうか?正解は「配水管の勾配が逆」です。このままでは、排水がきちんと流れません。きちんと水が流れるような勾配が取れていないため、排水が溢れたり、配管漏れするケースがたくさんありますのでご注意ください。

水漏れや雨漏りなどの「水」系統の事故は、早期対処すれば問題ありませんが、長らく放置しておくと、腐りやシロアリなどの原因となって、大きな被害に発展する可能性があるのです。




次はもっともありがちで悩ましく、判断に迷う事例。

築10年の木造アパートのケースで。2代目の地主さんから、不動産業者から紹介された中古アパートを、建物に問題がないか調べてほしいとの依頼です。

さくら事務所のホームインスペクターがインスペクション(建物調査)を行ったところ、2Fの床がたわんでいることが判明しました。状態をわかりやすく書いたのが以下の図↓↓↓です。

t02200284_0336043310618336585

全体的には大きな問題はありませんでしたが、2階の壁の下に1階の壁がないため梁が下がっているのです。
この物件は、設計の際にもう少し配慮がほしかったところ。理想的なのは以下の図↓↓↓のような設計です。

t02200296_0340045810618336584

感 覚的におわかりになるかと思います。構造的な壁の下には、構造的な壁があったほうがいいのです。構造に特に影響のない、間仕切壁(まじきりかべ)などは まったく問題ありませんし、上下の壁がそろっていなくても、設計的な配慮がされていればOKです。このようなケースは思いのほか多いもの。物件を見に行っ た際には、見た目だけでなく、見えない構造について思いを馳せることが大切であるという典型例です。
LINEで送る
Pocket

戻る