さくら事務所ホームインスペクション北海道(住宅診断・住宅検査)

FREE:0120-804-806 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能

0120-804-806 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能

ホームインスペクション現場実例集・現場同行記

はがれやすいタイル

2014-01-24

最近、さくら事務所には、マンションの【タイル剥落(はくらく)】事例がたくさん報告されています。タイル張りのマンションは外観デザイン的に見栄えもよく、マイホームでも収益物件でも、RC(鉄筋コンクリート)造のマンションには多く採用されています。

o0240032010750735734

タイルの張り方には様々な手法があり一概には言えませんが、タイルの張り方が甘かったりすると、数年ではがれおちる危険性があります。写真はまだ築の浅いRC(鉄筋コンクリート)の賃貸マンションです。

エントランス近くのタイルが急に落ちてきたために住民から通報があり、その箇所はすぐに補修をしたのですが、それから数日すると、今度は複数の箇所からタイルがバラバラと落ち始めたのです。もしこのタイルが人を直撃したら・・・と思うとぞっとします。

この物件は、さくら事務所のホームインスペクター(住宅診断士)がタイルの現況をくまなく調べ、その結果、かなりの部分にわたってタイルがはがれおちる危険性があると判断。売主である建設会社に、大規模な補修を依頼しました。

このような補修依頼は、売り主が体力のある企業、誠実な企業であれば対応してもらえますがそうでない場合は厄介なことになります。また中古物件の購入などで、売り主が一般個人の場合には、補修に応じてもらえないこともありますので注意が必要です。

タイル張りの物件を買う場合には、その工法をよく確認し、サンプルとしていくつかの箇所のタイルに浮きがないかなど、確認するとよいでしょう。所有期間中も、数年に一回の点検をお勧めします。
LINEで送る
Pocket

戻る