さくら事務所ホームインスペクション北海道(住宅診断・住宅検査)

FREE:0120-804-806 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能

0120-804-806 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能

ホームインスペクション現場実例集・現場同行記

新築一戸建て工事中の現場で見つかる不具合

2014-01-24

さくら事務所のホームインスペクション(住宅診断)現場から。
今回のはちょっとひどい実例です。

まずはこちらをご覧ください↓↓↓

o0320024010748345590

新築物件の施工現場。鉄筋コンクリートの基礎と木部をつなぐ部分です。ボルトの固定位置がおかしいのですが、それに無理やり合わせるように木部土台を削ってしまっています。

こちらもも同様↓↓↓

o0320024010748345589

ボルトが規定より沈み込んであるのに合わせて、木部土台を書き込んでしまっています。これでは耐震性など全く確保することもできずお話になりません。この物件は上棟した木部をすべて解体し、ボルトの固定位置も修正して、一から工事をやり直してもらいました。

ところでこの物件は、並んで建つ全3棟のうちの2号棟。両脇で工事中の1号棟・3号棟とも同じような状態でしたが、これらは工事の修正も行われずそのまま建築が継続しました。私どもには依頼された物件以外について言及する権限がなく、非常に歯がゆい思いです。

建物は【設計】【工事】【定期的な点検と予防的な修繕】の3拍子がそろったときに初めて長もちします。今回のケースは論外ともいえるひどい工事でしたが、中小の工事不良はどの現場にもあるもの、しっかり確認をしておきたいものです。
LINEで送る
Pocket

戻る